オールインワンゲル基礎知識

キレイに差がつく!オールインワンゲルの効果的な使い方

Pocket

オールインワンゲルは化粧水や乳液、美容液を一つにぎゅっと凝縮したスキンケアアイテムです。

とても使い勝手がいいので、すでに愛用されている方もいるかと思います。

今回は、そんなオールインワンゲルの効果的な使い方についてご紹介しますね!

まだ使ったことがないという方も、最近使い始めたという方も、これを読んでぜひ美肌に近づける使い方をしてみてください。

オールインワンゲルの効果的な使い方

化粧下地として使う

意外かもしれませんが、オールインワンゲルはお化粧する前の下地としても活用することができます!

使い方は簡単、手にとってなじませてから顔になるべく均一な厚さになるように塗っていくだけです。

その際は、「オールインワンゲルを薄く塗る」ということが何よりも大事。

あまり厚塗りしすぎると逆に化粧がよれたりするので、気をつけましょう。

オールインワンゲルはファンデーションのノリや持ちを良くする効果が期待できますし、ファンデーションの刺激を和らげて肌への負担を少なくするような働きも担ってくれているのです。

特に乾燥肌の方は、普通の化粧下地だと肌がパサパサになってしまうことがあると思います。

乾燥を防ぐには、化粧下地としてオールインワンゲルを活用した方が、むしろ肌に良い影響を与えますね。

一日中、うるおいを保ちながらメイクを楽しむことができますよ!

パックとして使う

肌が極度に乾燥しているときには、スペシャルケアとしてオールインワンゲルの肌パックを行ってみましょう。

少し厚めにオールインワンゲルをとって、肌になじませていきます。気になる部分には集中的に塗ってくださいね。

10分ほど置いて、あとはそのまま肌になじませるように塗って終了です。

あまりにも厚くパックしすぎた時には、ティッシュで軽くぬぐってもOKですね。

手のひらでじんわりと顔の肌を抑えて、成分をなじませるようにしましょう。

オールインワンゲルを放置している時間+手のひらで密着させることによって、美容成分がしっかり肌の深層まで行き届きますよ。

パックとして使うときの注意点は、あまり長い時間放置しすぎないということ。

長時間パックしたままだと、逆に肌が呼吸できなくなってしまって、細胞の劣化を招くことがあります。

パックは10分程度にして、終わったら必ず薄く伸ばしていくかティッシュオフするようにしましょう。

また、入浴中にパックするのも効果的。

毛穴が開いているので、オールインワンゲルが浸透しやすく、より高い美容効果を得ることができます。

オールインワンゲルを載せた肌の上にラップを貼ってお風呂でパックすると、美容成分の浸透率が上がり、さらにモチモチの肌になれますよ。

マッサージジェルとして使う

顔のマッサージをするときの潤滑剤としても、オールインワンゲルを使用することができます。

顔のマッサージは血行促進するためには、かなり効果的な手段です。

血行促進した肌は、ターンオーバーがうまくいき肌トラブルを防げるんですよ。

ただ肌に何もつけない状態でマッサージをしてしまうと、摩擦などによって肌を傷める心配があります。

そのためオールインワンゲルを使って肌への負担を減らしながら、マッサージを行うのがベターですね。

もちろん顔のマッサージだけなく、”足のむくみとりマッサージ”や”おしりのセルライト流しマッサージ”などに活用してもOKですよ!

肌に美容成分を与えながらマッサージをすることで、より高い効果を得ることができるのがオールインワンゲルのメリットです。

目元・口元に重ね塗りをする

オールインワンゲルは普通に顔全体のスキンケアとして使ったあとに、目元・口元などの特に乾燥しやすい部分に重ね塗りすることで、より大きな美容効果を発揮してくれます。

特にシワやたるみに悩んでいる方は、入念に重ね塗りをしていってください。

オールインワンゲルに含まれている美容液の成分が、重ね塗りすることによってより浸透しやすくなっていくのです!

首やデコルテ・手まで使う

オールインワンゲルは、なにも顔にだけ使うアイテムではありません。

体のどの部位にでも使用できる、万能な美容アイテムなのです。

特に首やデコルテといった皮膚が薄くなっている部分は、外気からのダメージを受けやすく劣化も早いんですよ。

そこでしっかりオールインワンゲルでケアしてあげることによって、いつまでもハリのある首やデコルテが維持できるのです。

また、ハンドクリーム代わりとして手に使ってもOK!

保湿だけでなく美容成分も手に行き渡るので、いつまでも若々しい手でいることができます。

手って、年齢が現れやすい箇所でもありますからね。

毎日ハンドクリームのようにオールインワンゲルを塗っておくのと、何も塗らないのとでは、10年後に大きな差がつきます。

顔だけ若々しくても手が老けている、なんてことにならないように、ぜひオールインワンゲルを手にも塗っておきましょう。

全身のボディケアにも使える

普段洋服などで見えない部分・ボディにオールインワンゲルを使うことで、服の摩擦でダメージを受けた体の肌細胞をケアすることができます。

服で覆われている部分はあまり乾燥しなそうなイメージがありますが、その分服の布との摩擦は生じやすくなっているのです。

特に内ももやおしりなどは、気づかないうちに摩擦による黒ずみが生まれやすい部分。

毎日オールインワンゲルでケアしてあげることによって、色素沈着を未然に防ぐことができるのでおすすめですよ。

カサつきが気になる部分・かゆみがある部分は、黒ずみが発生する予兆でもあります。

ぜひオールインワンゲルを使って、保湿しながら美容成分を与えてあげましょう!

全身に使う際にはべたつくことがあるので、それが気になる人は薄めに塗るといいですね。

オールインワンゲルの効果的な使い方まとめ

オールインワンゲルには、様々な使い方があるということがわかっていただけたと思います。

単純に肌を保湿するものではなく、化粧下地やマッサージの潤滑剤としても使えるのは、とても嬉しいですよね。

化粧水・美容液・クリーム、とラインで揃える必要もないので、とても経済的だというのも魅力の一つです。

どんな場面でも活躍できるオールインワンゲル。

特に面倒くさがりの方やスキンケアに手間をかけられない方には、非常におすすめなアイテムとなっています!