オールインワンゲルお悩み相談Q&A!

オールインワンゲルの使用期限ってどれくらい?

Pocket

化粧品にも、賞味期限のように使用期限があるって知っていましたか?

化粧品は安全性や品質を一定に保つために、使用期限について法律で規制されているんですよ。

使用期限を適切に守らなければ、効果が得られないどころかトラブルの原因にもなってしまいます。

それは、オールインワンゲルも例外ではありません。

オールインワンゲルの正しい使用期限・保管方法について、一緒に勉強していきましょう。

化粧品の使用期限ってどれくらいなの?

化粧品の使用期限は、未開封のものと開封済済みのもので考え方が違ってくるので、別々に覚えてくださいね。

未開封のもの

未開封である化粧品の使用期限表示については、化粧品に関する法律「医薬品医療機器等法」によって、期限を記載しなければいけない化粧品が指定されているんですよ。

その中で、適切な条件下で3年以上品質が安定している化粧品は使用期限記載の対象にならない、とされています。

つまり、使用期限が記載されていなければ未開封(空気に触れていない状態)なら、使用期限は3年以上ということですね。

未開封の化粧品は、3年程度はもつと覚えておきましょう。

開封済みのもの

開封済みのものについては、メーカーや種類によっても様々です。

化粧品は一度開封してしまうと、空気中に浮遊する雑菌の混入や、二次汚染により品質が低下していきます。

開封後の使用期限は1年以内を推奨しているブランドが多いですが、時間が経てば経つほど品質低下のリスクは大きくなるため、出来る限り早めに使い切るようにしましょう。

また、メーカーによっては開封後の期限を表記しているものもあります。

化粧品本体に、12Mや24Mという表記がある場合があるんですよ。

これは、開封後の化粧品の期限を表しており、M=Month(月)を意味しています。

つまり、12Mだと開封後の使用期限が12ヶ月(1年)、24Mだと24ヶ月(2年)ということですね。

ただ、これは正しい保管状態であった場合に適用されるので参考程度と捉えましょう。

オールインワンゲルの使用期限ってどれくらい?

オールインワンゲルの使用期限は一体どれくらいなのでしょうか?

未開封のものであれば、別途記載があるものを覗いて一般的な化粧品と同じ3年が適用されます。

ただ、開封済みのものは他の化粧品に比べて使用期限はやや短いと考えた方が良いでしょう。

化粧品が劣化する一番の原因は、空気との接触による酸化と雑菌類の混入です。

その点で言えば、オールインワンゲルは、

  • プッシュ式よりもジャータイプのものが多く、開口部が大きい
  • 指で取るタイプのものが多い

ことから、空気に触れる面積が大きく雑菌混入のリスクも高いため、他の化粧品よりも劣化が早くなってしまうんですよ。

開封後のオールインワンゲルの使用期限は、1シーズン(3ヶ月)使い切りを推奨します。

少なくとも、去年の夏に使っていたものを次の年の夏にまた使う、なんてことは避けましょう。

また、気をつけてほしいのが、

  • パラベンフリー
  • 防腐剤フリー

という言葉が表記されている場合です。

防腐剤は敏感肌の人の場合、やや刺激を感じることがあります。

そのため、近年防腐剤を使わないオールインワンゲルも増えてきていますよね。

でもこの防腐剤、ただの悪者ではないんです。

化粧品には、

  • アミノ産
  • 糖類
  • 天然油脂

など、カビや微生物のエサになる成分も使用されています。

もし微生物が混入し繁殖してしまうと、化粧品が変質し肌トラブルの原因になってしまうんです。

化粧品は手や指などから微生物が混入する可能性が高く、長時間安定した品質を保つためにも防腐剤が必要になってくるんですよ。

敏感肌だし、防腐剤フリーのオールインワンゲルを使いたい!

という時はなるべく早く、約1ヶ月ほどで使い切るようにしましょう。

オールインワンゲルの正しい保管方法

未開封である化粧品の使用期限は、特別な表記がない限り3年程度と定められています。

また、開封後であっても使用期限について推奨値があるものもありますよね。

ただ、これは適切な環境下で使用した場合に限るんですよ。

次は、そのオールインワンゲルの正しい保管方法について紹介しますね。

温度変化が激しい場所に置かない

オールインワンゲルにはゲル化剤が使用されており、温度変化が激しい場所(特に高温下)に置いていると、水溶成分とゲル化剤が分離してしまうことがあります。

なので直射日光を避け、温度変化が少ない場所に保管しましょう。

オールインワンゲルの保管は、冷蔵庫もオススメです。

湿度が高いところに置かない

オールインワンゲルには水溶性成分が多く含まれており、湿度の高いところに保管すると雑菌の繁殖率が高くなってしまいます。

お風呂場近くなど、湿度の高い場所での保管は避けましょう。

湿度の低い場所、ということにおいても冷蔵庫での保管がオススメですね。

使ったあとはしっかりと蓋を閉める

オールインワンゲルは空気と接触することで酸化し劣化していきます。

蓋を開けている時間を極力短くし、使い終わったら素早く蓋を閉めてください。

また劣化を最小限に留めるためにも、使用後はしっかりと蓋を閉めるようにしましょう。

さらに、開口部分に製品が付着したままだとオールインワンゲルが固まり、きちんと蓋が閉まらないことがあります。

使用後は開口部分を清潔な布等で拭き取ってから、蓋を閉めてくださいね。

直接手や指で製品に触れない

保管方法とは少し異なりますが、オールインワンゲルを使う時はスパチュラを使うことをオススメします。

直接指で製品を触って取ってしまうと、手や指に存在している雑菌が製品に混入してしまいますからね。

雑菌が混入した状態で保管していると、製品内で雑菌が繁殖しオールインワンゲルの劣化に繋がるので、必ずスパチュラなどを使って製品を取るようにしましょう。

また使った後のスパチュラも清潔に保つことが絶対条件です。

オールインワンゲルの使用期限のまとめ

オールインワンゲルの使用期限のポイントは、

[box color=”pink” title”]
[checklist color=”red”]

  • 未開封であれば3年程度
  • 開封済みであれば1シーズン(3ヶ月)
  • 防腐剤フリーであれば1ヶ月
  • 保管方法/使用方法をきちんと守る

[/checklist]
[/box]

ということです。

オールインワンゲルに限らず、化粧品は開封後できる限り早めに使い切ってしまうことが好ましいですね。

ただ、オールインワンゲルはその形状や性質上他の化粧品よりも、開封後の劣化は早いため注意が必要になります。

使用期限や保管方法が適切でないとトラブルの原因になることもあるため、必ず説明書で確認してから使う癖をつけましょうね。