乾燥肌

乾燥肌と脂性肌の見分け方

Pocket

  • 乾燥肌だと思っていたのに、なんだか肌がテカっているような気がする・・・
  • 脂性肌だと思っていたけど、肌の一部がカサカサしてきた・・・
  • 自分は乾燥肌なの?それとも脂性肌なの?

とわからなくなってしまう人は意外と多いです。

肌にはいくつかの種類がありますが、特に

  • 乾燥肌
  • 脂性肌

の見分けがつかないことは、結構あるんですよね。

一見真逆の肌の状態に見える乾燥肌と脂性肌、簡単に見分けがつきそうなものですが、意外とそうでもありません。

なぜなら「脂性乾燥肌」という、“肌表面はテカっているのに肌内部は乾燥している“という肌状態の人もいるからです。

自分は乾燥肌?脂性肌?と悩んでいる人は、そのどちらかかもしれないし、脂性乾燥肌の可能性もあるんですよ。

今回は、この乾燥肌・脂性肌・そして脂性乾燥肌(インナードライ)の状態の見分け方について、詳しくご紹介します!

乾燥肌とは

乾燥肌とは、文字通り乾燥している肌のことを指します。

肌の水分量/油分ともに少なく、肌の場所を問わずに乾燥が気になっている状態ですね。

例えば、

  • 年中かさかさしている
  • ひどい時は粉をふくことがある

などの症状が出ている場合は乾燥肌が進行しており、そのままにしておくと、

  • 肌がくすんでいて元気がない印象
  • ハリや潤いが足りずシワが目立つ

などの、実年齢よりも老けた印象のある肌になってしまいます。

乾燥肌を改善するには、まずは保湿ケアが大事。

放っておくと敏感肌になってしまう危険性もあるため、乾燥肌かな?と思ったら重点的に保湿ケアを行いましょう。

脂性肌とは

脂性肌とは、ベタベタとして肌の脂が気になる肌のことを言います。

肌の水分量/油分ともに多く、肌の場所を問わずにベタつきが気になる状態ですね。

例えば、

  • 季節を問わず肌が脂っぽい
  • あぶらとり紙が手放せない

なんて方は脂性肌の可能性が高く、脂性肌の状態を放置したまま過ごしてしまうと、

  • 毛穴が開く
  • ニキビが大量発生する

などの症状が出てきてしまいます。

脂性肌をそのままにしておくと不潔な印象にもなるため、テカテカになる前にケアをしておくことが大切。

脂性肌の原因はもともとの肌質もありますが、食生活が影響している場合もあるんですよ。

脂性肌の自覚症状があるのであれば、脂っこいものは避けた方が良いですね。

脂性乾燥肌(インナードライ)とは

脂性肌と言えばベタついていて、乾燥肌と言えばカサついている。

さて、私はどっちだろう?と思ったこと、一度はありますよね。

でも最近は、インナードライと呼ばれる“脂性乾燥肌”の人が増えてきているんですよ。

脂性乾燥肌というのは、肌の内部は乾燥しているのに表面は脂でテカテカしている状態のことを言います。

表面上はテカテカしていて脂性肌の状態と見分けがつきにくいのですが、実は内部が乾燥していて、脂性肌のケアだけでは肌トラブルが治らないのが特徴です。

肌状態だけをみていると脂性肌、でもその原因を取り除くには乾燥肌と同じケアが必要、というなんともややこしい肌状態なんですね。

このややこしい脂性乾燥肌、ホルモンバランスの乱れが影響している可能性が大きいんですよ。

ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスは乱れてしまうので、規則正しい生活を心がけましょう。

乾燥肌・脂性肌・脂性乾燥肌の見分け方

正しいケアを行うためには、まず自分の肌状態を知ることが第一条件です。

では一体、自分の肌が乾燥肌・脂性肌・脂性乾燥肌かどうかは、どうやって見分ければ良いのでしょうか。

1番確実な方法は、皮膚科に相談して調べてもらうことですね。

でもそれだけのために皮膚科に行くのは少し気が引ける・・・ということであれば、

百貨店のコスメコーナーで肌チェックをしてもらうことをオススメします。

肌チェックをお願いすると、どこのコスメブランドであっても大抵は肌の水分量と油分のバランスを調べてくれます。

このバランスがわかれば、だいだいどの肌か見分けがつくようになっているんですよ。

肌チェックを受けたら、下記を参考に自分の肌タイプの診断をしてみてくださいね。

  • 脂性肌・・・・・水分量/油分ともに理想値より多い
  • 乾燥肌・・・・・水分量/油分ともに理想値より少ない
  • 脂性乾燥肌・・・水分量は少なく、油分は多い

肌チェックに行くのもちょっと、、、、

お家で簡単に自己判断をしたい!という方には、

洗顔後の肌状態で判断する という方法を提案します。

洗顔後、5~10分ほどなにも塗らずに放置してみてください。

その後の肌状態で、自分の肌タイプを診断します。

詳細は、下記を参考にしてみてください。

洗顔後・・・・

  • 肌がつっぱる、早く化粧水をつけたい!⇒乾燥肌
  • 肌がべたつく、コットンで拭き取りたい!⇒脂性肌
  • 肌がつっぱるのに、しばらくして触ったらベタつきがある⇒脂性乾燥肌

こんな感じで自己判断もできますが、完璧ではありませんので、できる限りプロによる診断を受けてみてくださいね。

乾燥肌・脂性肌・脂性乾燥肌の見分け方のまとめ

肌のタイプは大きく分けて、

  • かさつきが気になる乾燥肌
  • べたつきが気になる脂性肌

がありますが、実は隠れ乾燥肌と言われる

  • 肌内部は乾燥しているのに、肌表面はべたつく脂性乾燥肌

という肌状態の人が多いのです。

脂性乾燥肌は、肌が乾燥しターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下することで引き起こされます。

バリア機能が低下した肌を守ろうとすることで皮脂が分泌され、乾燥しているのにべたつくという謎の現象が起きてしまいます。

乾燥肌・脂性肌・脂性乾燥肌もその肌状態に合ったケアを行わないと、改善するどころかますます進行し、深刻な肌トラブルを起こす原因にもなるんですよ。

そこで、まずは自分の肌タイプを知ることが何よりも重要になります。

皮膚科や百貨店の化粧コーナーで診断してもらい、自分の正しい肌質を知りましょう。

時間がない時は、洗顔後の自分の肌状態から肌質を予測することも可能なので、自分の肌質がわからない方は今すぐ試してみてくださいね。

もし病院もコスメカウンターも行くもの嫌だし、自己判断で脂性肌か脂性乾燥肌か迷った場合は、脂性乾燥肌だと診断して良いでしょう。

というのも、現代の日本ではエアコンの普及により年中室内の空気は乾燥していますし、ストレスなどからバリア機能が低下しています。

10代の頃と違い、20,30代になって本当の脂性肌の女性は極々僅かですので、少しベタベタするかな?と思っても、保湿ケアで肌の水分量を上げてみる価値は十分にあるのです。