オールインワンゲル基礎知識

オールインワンゲルのメリット・デメリットを徹底解説!

Pocket

忙しい女子の味方!オールインワンゲル、愛用されている方も多いですよね。

私も愛用していますが、ふとした時にオールインワンゲルってデメリットはないのかな?と思うことがありました。

きっと同じ疑問を持ったことがある方も多いはず。

そんな不安や疑問に答えるべく、オールインワンゲルのメリットとデメリットについて徹底解説しちゃいます!

オールインワンゲルのメリット

なんといっても簡単!時短!

オールインワンゲルのメリットは、なんといっても簡単にスキンケアが完了するということ。

最近では化粧水の前に塗るブースター(導入美容液)なんてものもメジャー化してきて、単品使いのスキンケアを一通り完結させようとすると、

[box color=”pink” title”]

  1. 導入美容液
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. クリーム

[/box]

と、5段階もあり5種類も顔に塗らないといけません。

いつまでも若い肌を保ちたい、とはいえ、

[box color=”pink-gray” title”]

  • 残業続きで今すぐ布団にダイブしたい時
  • 子育て奮闘中でなかなか自分の時間が取れない時
  • とにもかくにも時間がない時

[/box]

に、ちんたら5種類も塗ってられませんよね。

それがオールインワンゲルだと、たった1つで完了です。

これ塗ったあと、どれを塗ればいいんだっけ?と悩む必要もありません。

簡単に時間もかからずスキンケアが完結する、これがオールインワンゲルの最大のメリットです。

経済的で種類も豊富!

オールインワンゲル自体は、決して安いものばかりではありません。

しかし、導入美容液からクリームまで揃えようと思った場合、最終価格はオールインワンゲル単体の方がはるかに安くなるでしょう。

また単品使いでスキンケアをする場合、“同じブランドの同じシリーズで使った方が相乗効果がでますよ”と勧められますよね。

そうなると、一度同じシリーズをラインで購入してしまうとなかなか変えることができません。

化粧水はなくなったけど、他はまだ残っているし、、、、という時に他のシリーズを試してみたくても、結局同じものを購入するパターンもよくあります。

その点オールインワンゲルはそれ1つでお手入れが完結するため、同シリーズでいろいろと買い揃える必要はありません。

なくなったり、他のものを試してみたくなったらすぐ挑戦できますよね。

種類も豊富にあるので、いろいろ試して自分に合った1品を見つけることができます。

実は低刺激!

オールインワンゲルって実は、お肌にとって低刺激で優しいんですよ。

肌は触られることで刺激を受け、摩擦によるストレスを受けます。

単品使いをしている場合何かを塗る度に肌を触ることになるため、その度に刺激を受けることになりますよね。

その点オールインワンゲルの場合は、スキンケア中に肌に触れるのは1回だけです。

そのため、肌が物理的に受ける刺激が少ないことになりますよね。

物理的な摩擦による刺激が少なくなると、乾燥や赤ら顔等の肌トラブルも少なくなります。

オールインワンゲルは1回だけ塗れば完結なので、実は低刺激なスキンケアなんですよ。

いろんな使い方ができる!

オールインワンゲルの使い道は、普段のスキンケアだけじゃないんですよ。

お風呂に浸かりながらパックとして使ったり、伸びの良さを利用してマッサージ剤として使ったり、と使い勝手は抜群!

塗った後のべたつきもないので、顔だけではなく全身の保湿にも使えます。

オールインワンゲルは1つあればいろいろな使い方ができて、とっても便利ですよ。

オールインワンゲルのデメリット

単品使いには敵わない、、、部分もある!

やっぱりね、
[box color=”pink” title”]

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

[/box]

と段階ケアが主流なのには理由があるんです。

それぞれに役割があり、役割に応じて水溶性成分と油性成分が配合されて製造されているんですよね。

それぞれの役割や意味をきちんと理解し、丁寧に行うスキンケアにはやっぱり勝てない、、、部分もあるのが事実です。

アレンジが利かない!

オールインワンゲルは顔にもボディにも使え、それ1つでいろんな使い方ができるのでとっても便利!

しかし1つで完結できてしまう利便さ故に、そこに何かをプラスして自己流にアレンジするのは少しハードルが高くなります。

オールインワンゲルを使っている場合でも、導入美容液やクリームなどお手入れの最初と最後に使うものはプラスしやすいアイテムですよね。

一方美容液やシートパックなどは、どのタイミングでプラスして良いのか悩んでしまう方も多いはず。

オールインワンゲルは単品使いに比べ、何か特別なケアをプラスしにくいというデメリットがあります。

実は1番やっかい?白いモロモロ!

私がオールインワンゲルを使った当初、1番悩まされたのは白いモロモロでした。

夜のスキンケアでは全く問題ないのに、朝オールインワンゲルを塗ったあとにベースメイクをしようとすると、白いモロモロとしたものが発生するのです。

これが1度発生してしまうともう最後、隠そうとベースメイクを塗れば塗るほどモロモロは大量発生してくるんですよね。

せっかくオールインワンゲルで時短しているのに、このモロモロを取るのに時間を取られた結果、余計に時間を要した日もありました。

でもこのモロモロは、
[box color=”pink-gray” title”]

  • 焦らない
  • オールインワンゲルを必要以上に塗らない
  • 他の製品と混ざらないようにする

[/box]

この3点を守れば防ぐことができます。

オールインワンゲルの白いモロモロを発生させないためには、ちょっとしたコツを知ることが必要です。

オールインワンゲルのメリット・デメリットまとめ

オールインワンゲルのメリットとデメリットについてまとめます。

メリット

[box color=”pink-cream” title”]

  1. 簡単
  2. 経済的
  3. 肌への外的ストレスが少ない
  4. いろいろな使い方ができる

[/box]

デメリット

[box color=”pink-cream” title”]

  1. 丁寧なケアに比べてアンチエイジング効果が劣る部分もある
  2. 美容液などをプラスしにくい
  3. 塗り方を間違えると白いモロモロが発生する

[/box]

オールインワンゲルを使ったお手軽ケアも、単品使いのじっくりケアもそれぞれ良いところ・悪いところがありますよね。

でも、これだけは断言します。

[box color=”pink-pink” title”]
[checklist color=”red”]

  • 疲れた
  • 時間がない

[/checklist]
[/box]

と言って何もスキンケアをしないで寝るよりも、オールインワンゲルをさっと塗って寝た方が、圧倒的に翌日の肌はキレイになっています。

オールインワンゲルと単品使いのスキンケアを、日によって使い分けてみても良いかもしれませんね。

オールインワンゲルは、「誰よりもキレイになりたい!」という人には向いていません。

そういう人は、基礎化粧品を何種類もライン使いした方がいいです。

しかし、「”時短しながら安価に”キレイになりたい!」という人にはオールインワンゲルはピッタリです。

毎日が多忙な人にこそぜひ使ってほしい化粧品、それがオールインワンゲルです!