オールインワンゲルお悩み相談Q&A!

インナードライ肌でもオールインワンゲルを使って大丈夫?

Pocket

オールインワンゲルって1つでスキンケアが完了するので、忙しい女性にとっては嬉しいアイテムですよね。

そんなオールインワンゲル、インナードライ肌の人でも使って大丈夫なのでしょうか。

最近ではオールインワンゲルも種類が増えてきており、高機能なものもたくさん発売されています。

中には、インナードライ肌の方にもオススメのオールインワンゲルもあるんですよ。

インナードライの人はどんなオールインワンゲルを選べば良いのか、一緒に勉強していきましょう。

インナードライって何?その特徴と原因

インナードライ肌とは、文字通り肌内部が乾燥している肌状態のことです。

肌の内側は乾燥しているのにその乾燥を補おうとして皮脂が分泌され、肌表面上は脂分でテカテカしているため、一見乾燥しているように見えないのが特徴です。

肌表面が脂っぽいため、脂性肌なのかな?と誤解しさっぱり系のスキンケアを行ってしまうのは間違いなんですよ。

なぜならインナードライ肌の真の原因は、水分不足にあるから。

バランスが取れた肌状態であると、肌表面の角層と呼ばれる部分が水分を保持してくれています。

でもターンオーバーが乱れ、角層が整っていない肌状態だと水分が保持できずどんどん乾燥してしまうのです。

その結果、乾燥状態をなんとかしようと皮脂が肌表面に分泌され、一見脂性肌のように見えてしまうんですよね。

インナードライ肌の方は、

  • 角層を整えること
  • 肌への水分補給をしっかりとすること

この2つがとっても大事になってきます。

インナードライの人にオススメのオールインワンゲルの選び方

インナードライの人におすすめのオールインワンゲル、それはずばり“セラミド”が配合されているものです。

でも、なぜセラミドが配合されているオールインワンゲルが良いのでしょうか。

それは、セラミドが“水分を保持する力”に優れているからです。

インナードライとは、油分不足によるものではなく水分不足が影響しています。

水分不足を補おうとして油分が分泌されるため、一見乾燥しているようには見えませんが、実は肌内部はカラカラに乾いているんですよ。

そしてそんな状態のお肌に欠かせない成分が、この“セラミド”なんですよね。

セラミドとは、表皮である角層に存在している細胞間脂質の主成分です。

セラミドは化学構造上、水とのなじみがよく、水分を含む天然保湿因子とともにミルフィーユのようなラメラ構造というものを形成しています。

つまりセラミドは、水分が肌から出て行かないように抱え込む役割をしてくれているんですよね。

インナードライ肌の人は、角層のセラミドが不十分で水分不足になってしまっている可能性が高いです。

ただ逆を言えば、セラミドが整えばインナードライ肌が改善する可能性は多いにあります。

そしてありがたいことに、セラミドは化粧品など肌外部から与えることでも補うことが可能なんですよ!

なので、インナードライ肌に悩む人はぜひセラミド高配合のオールインワンゲルを選ぶようにしてくださいね。

それも、ヒト型セラミドが多く配合されているものが好ましいため、

  • セラミド1
  • セラミド2
  • セラミド3

と、セラミドのあとに数字が付いているものが多く配合されているオールインワンゲルを選びましょう。

インナードライの人のオールインワンゲルの使い方

インナードライ肌の人がオールインワンゲルを使う際、特に注意して欲しいのが”塗りすぎ”です。

肌内部の水分不足を補おうとしてオールインワンゲルを肌の表面にたっぷり塗ってしまうと、皮脂が詰まり白ニキビができてしまう可能性があります。

というのも、インナードライ肌の場合肌内部は乾燥していますが、肌表面には皮脂が分泌されやすい状態なんです。

オールインワンゲルをたくさん塗ってしまうと、その過剰に分泌された皮脂が出口を失ってしまうんですよね。

その結果、白ニキビが発生してしまうんです。

インナードライと言われると乾燥している!と思い、オールインワンゲルを多量に塗ってしまいがちですが、塗りすぎ注意!を心がけましょう。

また、ヒアルロン酸を一緒に取り入れることもオススメ。

インナードライという状態は肌の水分不足が原因ですが、お肌の水分量を保つために欠かせない三大要素は

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

なんです。

セラミドは角層が水分を抱え込むのにとっても大事な成分なので、セラミドが配合されているオールインワンゲルを選ぶことはマスト!

次にヒアルロン酸ですが、もともとヒアルロン酸が配合されているオールインワンゲルを選ぶのも手ですが、あとから原液美容液を足すのもアリです。

ヒアルロン酸はもともとは真皮に存在しており、細胞と細胞のクッションのような役割をしています。

保水力が極めて高く、ヒアルロン酸1gあたり6Lの水を保つことができるんですよ。

肌の外側からセラミドとヒアルロン酸を塗ることで、両者がタッグを組んで素晴らしい保水力を発揮します。

ぜひ、セラミドとヒアルロン酸は一緒に取り入れてみてくださいね。

保湿三大要素最後の1つのコラーゲンは残念ながら、肌外部から塗ってもあまり効果がないんです。

というのも、コラーゲンは分子量が高くとっても大きな構造をしているんですよ。

そのため肌への浸透性は非常に小さく、外部から取り入れるよりも体の内部から取り入れる方がオススメです。

インナードライ肌の人でもオールインワンゲルを使ってOK!

インナードライ肌の場合、スキンケアについて悩むことも多いと思います。

インナードライ肌は、

  • 肌内部が乾燥している(水分不足)
  • 肌内部の乾燥を補うために肌表面に過剰な皮脂が分泌している

という状態です。

肌内部が乾燥しているため保湿は必要、でも油分の多いスキンケアを取り入れてしまうと分泌された皮脂が詰まってしまい、白ニキビ等を引き起こしてしまう。

こんな人には、絶対にセラミドが高配合されたオールインワンゲルがオススメです。

セラミドは水分を挟み込み逃さない性質を持っているため、インナードライ肌には必須の成分!

なおかつオールインワンゲルだと、油分もあまり多く含まないため、インナードライ状態には適しています。

さらに、保水力の高いヒアルロン酸を加えて使ってあげると、より効果を実感しやすいでしょう。

インナードライ肌で悩んでいる人は、ぜひ一度オールインワンゲルでのスキンケアを試してみてくださいね。