オールインワンゲルお悩み相談Q&A!

オールインワンゲルには日焼け止め(uvカット)の効果はあるの?

Pocket

オールインワンゲルを使っていると、日焼け止めって塗った方がいいのかな?と疑問になることがありますよね。

よく「日焼け止めは塗った方が良い」とは言うけれど、オールインワンゲルを塗ったあとにも日焼け止めを塗るべきなのでしょうか。

せっかくオールインワンゲルで手軽に1ステップケアしているのだから、そのまま終了したいところ・・・・

日焼け止め効果もオールインワンゲルには入っていないのかな?入っていたら楽なのに・・・!なんて思ってしまいますよね。

今回は、オールインワンゲルの日焼け効果について疑問を持っているあなたに、紫外線対策の重要さなど基本的なことから、オールインワンゲルを使っている時の日焼け止めの塗り方・選び方までご紹介しちゃいます!

紫外線対策はアンチエイジングに最重要!

肌に現れるシミにシワ・たるみ・・・年を重ねるにつれていろんな肌トラブルが起こってしまい、鏡を見てため息をついたりしてしまうこともありますよね。。

実はその肌トラブル・・・・すべて紫外線が大きく影響しているんですよ。

紫外線とは波長が200~400nmの電磁波で、文字通り紫に見える光よりも外側(波長が短くエネルギーが高い)光線を指します。

可視領域外なので目にはみえませんが、太陽光に含まれているんですよ。

UVは大きくわけて3つあり、それぞれの波長によって区別します。

① UV-A:波長320~400nm
② UV-B:波長280~320nm
③ UV-C:波長200~280nm

このうち、③UV-Cはオゾン層によってカットされているため、現在地表に降り注ぎ私達の肌に影響を与えているのは、UV-AとUV-Bの2種類です。

ultraviolet_rays_uva_uvb_uvc-2

画像出典:光環境生命科学研究室

では、UV-AとUV-Bの肌への影響についてもう少し詳しく見ていきましょう。

UV-A

上の図を参照すると、地表に降り注ぐ紫外線の約9割がこのUV-Aです。

電磁波というのは、波長が長い(大きい)ほど内部へ到達します。

UV-A波は紫外線の中でも波長の長い領域を指し、表皮ではなく真皮まで届く紫外線なんですよね。

UV-B波ほどエネルギーは高くなく、サンタンもしくはサンバーンと呼ばれる肌が黒ないし赤くなるような日焼けには影響を起こしにくいのですが、このUV-A波はじわじわと肌内部を傷付けていきます。

そして近年、このUV-A波がシミやシワの原因になっていることがわかってきました。

しかも困ったことに、雲や窓ガラスなども通り抜けやすい性質を持っているため、曇りの日でも室内でも対策が必要になってくるんですよ。

ちなみにUV-A波をどれくらい防ぐかは 日焼け止めのPA値で確認できます。

UV-B

UV-B波は、UV-A波と違い表皮にダメージを与えます。

いわゆる“日焼けしたな”と感じる、皮膚が赤くなったり黒くなったり皮がむけたりするのは、このUV-B波の影響ですね。

ただ、地表に降り注ぐ紫外線の中の10%ほどですし、日傘をさすなどして直射日光を当たらないようにすれば防ぐことができます。

なおUV-B波をどれくらい防ぐかは 日焼け止めのSPF値で確認できますよ。

img_uva_uvb03

画像出典:こわいのはどっち!?紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)~ロート製薬株式会社~

もうお気づきかと思いますが、シミやシワなど肌老化の1番の原因は紫外線(特にUV-A波)にあるのです。

「一時的には肌が黒くなるけど、冬になると戻るし~」と思って紫外線対策をおろそかにしていると、どんどん肌は劣化していってしまいます。

何万円もする美容液を購入したりエステに通ったりする前に、紫外線対策を行うことが、何よりもアンチエイジングの近道ですね。

また、その原因になるUV-A波は雲や窓ガラスでは遮断できないため、年中どこにいても対策が必要ということも覚えておきましょう。

つまり家の中にいようが曇りだろうが、日焼け止めを塗ることは必要だってことなんです!(私は一年中毎日、外出しない日でも日焼け止めを塗ってますよ)

オールインワンゲルには日焼け止め効果のUVカット成分は入ってるの?

アンチエイジングには何よりも大切な紫外線対策。それに必要な日焼け止めは、何よりも必須アイテムです。

その日焼け止め効果は、オールインワンゲルにも含まれているのでしょうか。

オールインワンと言うからには、それだけ塗って終わり!としたいところですよね。

しかしオールインワンゲルには、日焼け止めが含まれていないことの方が多いんです。。

あくまで、「スキンケア」を考えた上でのオールインワンなんですよ。

なので、大多数のオールインワンゲルには日焼け止め効果は入っていません。

中には日焼け止め効果が含まれているオールインワンゲルもありますが、それだけで外出して良いほどは入っていないんですよね。

つまり、日焼け止め効果があるオールインワンゲルでも、それだけじゃ不充分だってこと。

まあ普通に考えればわかることなのですが、オールインワンゲルってスキンケアのためのものですからね。

朝はともかく、夜のスキンケアに日焼け止めって全然必要ないですし。

夜にも使用するために作られているオールインワンゲルには、そもそも日焼け止め成分は配合される必要がないってことなんです。

日焼け止め成分が配合されていたとしても、効果は薄いため、それだけでは万全の日焼け対策とは言えないことになるんですよね。

オールインワンゲルには日焼け止め効果は入っていないに等しい、って考えておいた方が良いでしょう。

オールインワンゲルを使う時は日焼け止めと併用するべき?

オールインワンゲルには、日焼け止め効果が含まれていないことがほとんどです。

オールインワンゲルを塗って終わり!としたいところですが、外出する際は日焼け止めを併用してくださいね。

また、家の中にいてもシミ・シワなどの原因になるUV-A波は入ってくるので、年中日焼け対策は行うようにしましょう。

外出しない日であろうが、曇りであろうが、です!

面倒ではありますが、この一手間が十年後の顔を若々しく保つためと思ってください!

オールインワンゲルと日焼け止めを併用する場合、

① オールインワンゲル
② 日焼け止め

の順に塗るようにしてくださいね。

しかしオールインワンゲルを塗ったあとに日焼け止めを塗ると、「ポロポロとカスみたいなのが出てきて困る・・・」という体験をされた方もいるのではないでしょうか。

でもだからといって日焼け止めを塗ることを止めてしまうと、気づいたら肌の光老化(紫外線によるダメージ)が進行してしまいます。

そんな時気をつけて欲しいのが、オールインワンゲルを塗ったあとすぐに日焼け止めを塗らない、ということ。

ここがミソなんですよ。

オールインワンゲルを使っている、ということは少なからず時短をしたいという思いがあると思います。

でも、焦らないでください。

ゲルが肌の上で落ち着く前に、日焼け止めなどを塗って肌をこすってしまうと、ゲルの中に含まれている高分子がポロポロと固まってしまうんです。

こうなってしまうとやっかいなのが、オールインワンゲルの困ったところ。

ポロポロを取ろうとすればするほど、ポロポロは増えていきます・・・。。

そして、余計に時間がかかってしまうという負のループへと突入しちゃいます。(私は何度もこの失敗をしてしまいました・・・)

なので時間がない時も焦らず、オールインワンゲルを塗ったら少しだけ時間を空けて、日焼け止めを塗るようにしてください。

また先述したように、あまりこすらないことが大切なので、するっと伸びの良いテクスチャーの日焼け止めを選ぶことも重要ですよ。

オールインワンゲルは日焼け止めと併用しよう!

  • 紫外線がシミやシワなど肌トラブルに大きく影響している
  • 日焼け対策は季節・天候・室内外に左右されず必要である
  • オールインワンゲルを塗っていても、その後に日焼け止めを併用して塗ろう
  • オールインワンゲルを塗って少し時間をおいてから、日焼け止めを塗ろう

オールインワンゲルはいくら「オールインワン」とはいえ、日焼け止め効果までは入っていません。

中には日焼け止め効果が入っているオールインワンゲルもありますが、その効果はとても弱いものです。

オールインワンゲルを使っても、日焼け止めは併用して塗りましょう!

アンチエイジングに最も大切な紫外線対策は、絶対に怠ってはいけませんよ。