乾燥肌

普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の違い

Pocket

人の肌質は、

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 敏感肌

の5つに分けられます。

今回は、その5種類の肌質についてひとつひとつ詳しく解説していきますね。

普通肌とは

普通肌とは、肌の水分量と油分量のバランスが取れている肌のことを言います。

普通肌の状態

普通肌は、水分で潤っている肌状態にあります。

水分量が高い状態の肌は、キメが細かくふっくらとしていますよね。

潤いや弾力もあり、またくすみもありません。

さらに油分はさほど多くないため、潤ってはいるけれどベタつかず、ニキビなどの肌トラブルはほぼ起こらないという優秀な肌状態です。

乾燥肌とは

乾燥肌とは、水分量・油分ともに少ない肌のことを指します。

  • 年中かさかさしている
  • ひどい時は粉をふくことがある

などの症状があれば、乾燥肌である疑いが高いですね。

乾燥肌の状態

乾燥肌の人は、水分量も油分も少ないため、乾燥しやすく肌の突っ張りを感じる状態です。

乾燥している状態の肌は、どんよりとくすみ元気がない印象で、ハリや潤いが足りないためシワも目立ちます。

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は、その名の通り“乾燥”です。

もともと日本人の肌は薄くキメが細かいことに加え、エアコンの普及が進み、乾燥肌になりやすい環境にあるんですよ。

乾燥肌の対策

乾燥肌の対策としては、とにかく保湿しかありません。

保湿成分として優れている、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸

が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。

また、乾燥肌が進むと敏感肌になる可能性があります。

そうならないためにも肌への刺激は極力避け、優しくケアするようにしてくださいね。

寝ている間はスチームを使うなど、常日頃の加湿にも注意するとより早く改善するでしょう。

脂性肌とは

脂性肌とは、水分量も油分も多い肌のことを言います。

  • 肌の場所を問わずベタベタしている
  • 化粧の崩れ方がドロドロしている
  • 毛穴の開きが目立つ

などの悩みがあれば、脂性肌である可能性は高いです。

脂性肌の状態

脂性肌の人は乾燥によるトラブルは少ないのですが、油分が多いためべたつきがちで、ニキビや吹き出物などのトラブルがでやすい状態になっています。

脂性肌の原因

脂性肌の原因は、もともとの肌質として油分が多い遺伝的なものが大きいです。

また皮脂の分泌に直接関わっているのが、テストステロンと呼ばれる男性ホルモン。

このホルモンが異常に分泌されてしまうと、皮脂分泌も盛んになり、ニキビができやすい状態になってしまいます。

つまり、ホルモンバランスの乱れも脂性肌を引き起こす大きな原因と言えますね。

脂性肌の対策

脂性肌の対策として最も効果があるのは、規則正しい生活を心がけること。

脂性肌になってしまう要因には、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

なのでまずは規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスを整えることがなによりも大事になりますね。

さらに、食生活も大きく影響してくることがあるので、脂っこい食事を極力避けて糖分摂取も控えましょう。

また、余分な皮脂分泌を抑制してくれるビタミンC誘導体が入ったスキンケアもオススメ。

ビタミンCはニキビにも効果的なので、脂性肌でニキビに悩んでいる人はぜひ取り入れてみてくださいね。

混合肌とは

混合肌とは、肌の場所によって肌質が異なっている肌のことを指します。

日本人に多く見られるパターンとしては、

  • 頬や口周りのUゾーンは粉をふく程乾燥している
  • おでこや鼻がテカテカしていて化粧崩れが激しい

という相反する現象が一度に生じている場合、混合肌であると判断できます。

混合肌の状態

混合肌の方は、肌部分によって乾燥肌だったり脂性肌だったりします。

でも今日は乾燥肌だけど昨日は脂性肌だった、ということではなく、同じ日同じ環境にいるのに肌部分によって肌タイプが異なっている状態ですね。

混合肌の原因

混合肌の原因は、遺伝的なものが1番に挙げられます。

でも大人になってから混合肌になった気がするという場合は、脂性肌と同様にホルモンバランスが大きく影響している可能性があるんですよ。

ホルモンバランスが乱れることで肌が不安定な状態になり、部分的に油分の分泌が盛んになってしまうことがあります。

混合肌の対策

混合肌は決して珍しい肌質ではありません。

日本人の多くは、一度は混合肌を経験したことがあると思います。

ただ、一重に混合肌と言ってもそのタイプは、

  • 乾燥肌+脂性肌
  • 普通肌+脂性肌
  • 普通肌+乾燥肌

と大きく分けても3パターンあり、なかなかベストな対策が難しい肌質なんですね。

少し面倒くさいかもしれませんが、肌の状態や部位によってスキンケアを換えてあげることも必要です。

乾燥している部分にはクリーム等が必要になりますが、脂っぽいところにクリームを塗るとニキビなどが発生してしまいます。

また、ホルモンバランスの乱れから混合肌になっていることも考えられますので、睡眠を良く取り健康的な生活を心がけるようにしてくださいね。

敏感肌とは

敏感肌とは、季節の変わり目や外的要因の変化に弱く、不安定な状態にある肌のことを言います。

敏感肌の多くは、乾燥肌がより酷くなることで引き起こされるんですよ。

  • 季節の変わり目に肌が荒れる
  • 日によって肌に痒みが生じる
  • 生理前後で肌状態が大きく変わる

なんて人は、敏感肌である可能性が高いでしょう。

敏感肌の状態

敏感肌=肌が不安定な状態なので、少しの変化で肌が荒れてしまいます。

さらに赤みや痒みを生じることが多く、ひどい時はアトピーのような状態になることもあるんですよね。

敏感肌の原因

充分に保湿された肌状態だと、少しばかり外的ダメージを受けてもなんてことありません。

でも肌が乾燥しターンオーバーが乱れた肌は、少しの環境の変化にも敏感になり、赤みや痒みが引き起こされてしまいます。

敏感肌の対策

敏感肌さんの対策として、最も大事なことが“これ以上刺激を与えないこと”なんです。

敏感肌のときに、角質ケアをしようとしてピーリングやゴマージュなどのケアを行うことは御法度!

さらに美白効果が高いものなど有効成分濃度が高い化粧品は、時として刺激にもなるため、肌が不安定な時期は使用を中止しましょう。

そして、保湿ケアに力を注ぐべきなんです。

“低刺激“ ”敏感肌の方” と記載されているスキンケアのラインに切り替え、もし赤みや痒みが出ている場合は皮膚科で相談してみることも大事ですよ。