オールインワンゲル基礎知識

必見!正しいオールインワンゲルの選び方

Pocket

今やドラッグストアやバラエティショップで目につかないことはない、オールインワンゲル。

この10年その種類は目まぐるしく増えていき、いろんなブランドからたくさん発売されています。

選べる対象が増えたのは良いことですが、あまりに種類が多くどれを使えば良いのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、オールインワンゲルの正しい選び方についてまとめてみました。

肌の悩み別!オールインワンゲルの選び方

オールインワンゲルを選ぶとき、何を基準にして選んでいますか?

オールインワンゲルだけでなくスキンケア用品を選ぶときは、まず自分がどんな肌悩みを持っているのかを把握することが大切です。

自分の肌悩みが何かを理解したら、次の項目を参考にして選んでみてくださいね。

乾燥が気になる人

乾燥は全ての肌悩みに繋がります。

乾燥が気になる方は、まず保湿をしっかり行いましょう。

乾燥が気になる人がオールインワンゲルを選ぶ場合は、保湿剤として有名な成分の、

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • プラセンタ
  • スクワラン

が多く配合されているものがオススメです。

オールインワンゲルの商品紹介に、“高保湿”と書かれているものを選びましょう!

ハリ・弾力が欲しい人

ハリ・弾力は年齢とともに失われてしまうもの。ハリや弾力がないと、活気がない印象になってしまいます。

そんな時は、“エイジングケア”を謳っているオールインワンゲルを選びましょう。

ハリや弾力がない人にオススメな成分は、

  • コラーゲン
  • レチノール(ビタミンA)
  • シンエイク(蛇毒)

ですね。

また、最近流行の細胞増殖を促す

  • EGF
  • 幹細胞エキス

なども多少値は張りますが、かなり効果が期待できます。

ハリ・弾力がほしい人は、こういった成分が配合されているオールインワンゲルを選んでくださいね。

美白効果が欲しい人

日本人にとって永遠の憧れ、透き通るような白い肌を目指している人は、迷わず“美白”と書かれたオールインワンゲルを選びましょう。

美白に欠かせない成分と言えば、ビタミンCですよね。

ビタミンC誘導体は、メラニンの還元や排出を促してくれるため美白を目指す人には欠かせない成分です。

シミが気になる方は、

  • ビタミンC
  • アルブチン
  • トラネキサム酸

が配合されているオールインワンゲルがオススメですよ。

敏感肌の人

オールインワンゲルは1つでスキンケアが完了する利便さゆえに、いろいろな成分が配合されています。

そのため、敏感肌の人は少し刺激を感じることもあると思います。

そんな敏感肌の人は、特定物質を含んでいない“敏感肌用”のオールインワンゲルを選んでください。

とはいえ、アレルギーは急に発症するパターンもあり、自分だけが刺激を感じてしまう成分もあります。

肌が弱っている時はあまり刺激を与えず、新しい製品を試す時はサンプルを使ってから選定する方が良いでしょう。

オールインワンゲルを選ぶ際に注意するポイント

オールインワンゲルを選ぶ時に、注意して欲しいポイントをご紹介します。

危険な成分が配合されていないか

オールインワンゲルは今や知名度をぐんぐんと伸ばし、たくさんのブランドから販売されていますよね。

たくさんの種類があって選べる環境にあるのはありがたいことですが、時には危ない成分が入っている場合もあるので注意が必要です。

アレルギーを引き起こしやすい成分や、発ガン性の疑いがある成分は「旧表示指定成分」と言われています。

「旧表示指定成分」は、全部で102種類あります。

基本的には、オールインワンゲルに含まれている可能性は低いですが、気になる方は一度お使いのものを調べてみてくださいね。

自分が本当に求めている効果が得られるかどうか

オールインワンゲルを選ぶ時、紹介文を全て鵜呑みにして選んでしまうのは少し危険です。

まずは自分の肌悩みが何なのかを理解し、その肌悩みに効果がある成分が配合されているかを確認しましょう。

また、オールインワンゲルの成分だけでなく用途にも注目すべき。

たとえば、

  • 化粧下地まで完結できるオールインワンゲルがいいのか
  • 日焼け止めが入っている方がいいのか
  • スキンケアさえできれば良いのか

など、自分が求めている用途に合ったものを選ぶことも大切です。

公式サイトにアクセスすれば、そのオールインワンゲルの用途や正しい使い方などが紹介されているので、事前に調査してから購入することをおすすめします。

価格が適正かどうか

種類が豊富なオールインワンゲルだからこそ、価格もピンからキリまでありますよね。

市場価格は、5,000円ぐらいのものが多いです。

まあ安いものは1,000円以下のものもありますが・・・ただ、安いから良いというわけでもありません。

逆に10,000円を超えるからといって良いものとも限らないため、成分や容量と価格を比較し、

本当にそれが自分に合っていて適正価格かどうか

を、一度考えてくださいね。

適正かどうかわからない、という時は同じ有効成分が配合されてる他のオールインワンゲルを調べてみて、価格に大差がないか見てみると良いでしょう。

オールインワンゲルの選び方まとめ

オールインワンゲルは種類がとっても多いので、選ぶ時はほんの少し注意が必要となります。

顔に直接塗るものなので、メーカーの言うことを鵜呑みにするだけではなく、少し成分についても知識を持っていると良いでしょう。

オールインワンゲルを選ぶ時の注意点は、

  • 危ない成分が入っていないかどうか
  • 自分が求めている効果が見込めそうか
  • 価格が適正かどうか

の3つです。

特に②が重要で、自分の肌悩みに合ったオールインワンゲルを選ばないと、効果を感じることはできません。

日本人の肌悩みの代表例として、

  • 乾燥
  • ハリ弾力不足
  • くすみやシミ
  • 敏感肌

が挙げられます。

今、自分がどれに1番悩んでいるのか自己分析を行って、自分にとってピッタリのオールインワンゲルを見つけてくださいね。